多くの企業様からお褒めのお言葉を頂戴しております ご利用者の声

原 数幸

株式会社ライフサポートVier(総合保険代理店)
株式会社アルファネット(経営コンサルタント会社)
松本成功塾 塾長 (売上アップ・人材教育の経営者セミナー)

営業コーチングを受ける前にどんなことで悩んでいましたか?

何人かで保険代理店を設立し、発起人の1人として、成績を上げながら(経営をリードする成績を上げるプレッシャー)採用、教育など、やる事が多くて〜このままの営業時間で大丈夫か?・・将来への漠然とした悩みが常にありました。でも、成績を早く上げなければならない・・・よって一番嫌いなはずの“商品”を“売り込む”営業になっていたと思います。そんな自分の事を自然に嫌いになっていたのも悩んでいたんだと思います。嫌いな営業マン像になっていました。紹介が頂けない・・そんな人に紹介なんて出るはずがないですね。

何が決め手となってコーチングを受けることにしましたか?

神尾さんが、ただ単にテクニックやトークの技術などで、紹介(応援)を頂いている様なら、依頼はしなかったと思います。想い、ミッション、志といった繋がりの部分を大事にされているので、私に合う!と思いましたので依頼しました。テクニック、技術では長続きしない時代だと思います。神尾さんの本を読んで、私の元々の営業スタイル(医薬品の営業時代)と合っていて、忘れていた“何か”を再度蘇らせて頂いたから。

コーチング後、どのような変化がありましたか?

元々のスタイルを思い出せて頂きました!医薬品の営業の時は、常に自然に得意先を中心に、お役に立てる事は何か考えていました。商品は売っていましたが、商品を売っている感覚はなかった様に思います。GIVE&GIVEの精神を自然に実行していました。毎日が楽しい日々、「原君来て」「原君だから」「原君に任せれば安心」「原君頼むね」など毎日言われていました。毎日、求められ頼りにされる仕事は、楽しかったです。
神尾さんから質問を受けながら答えると、自然に自分の奥にある自分が(何となく感覚です)出てきました。それが、改めて自分の仕事は社会のお役に立っているのか?何のためにこの仕事を選んで、この仕事を続けようとしているのか?コーチングで言われた事を、日々問うように、紙に書き出す事を実施して〜原点を思いおこし、悩みが消えていきました。自分の志を伝える事が出来るようになり、相手も私の「思い」を分かって頂ける人が増えています。

嫌いな人、価値観が合わない人には無理に合わせる必要ないと言われたのも〜心を楽にさせて頂きました。

今では、お客様を選べる(価値観が合う人とだけ付き合う)ようになり、楽しくワクワク仕事が出来ています。

自分にしっかりとした軸や志がなければ、素晴らしいコンテンツやツールや技術は、たとえどんなに素晴らしい物であっても通用しない事も再確認できました。

2回目のコーチングでは、「原さんは、もうコーチングはいらないから、そのまま自信を持って大丈夫」と言われ、これでいいんだ!と自信を深め迷いもなくなりました。

神尾さんの優れた質問力も私の気持ちを引き出す事に繋がっていると思います。
優れた質問力を身につけたいです。

最近の実績は、以前と比べていかがですか?

数字で言えば、ANP(年換算保険料)1,500万〜2,000万くらいでした、アクサ生命ではこれでも海外表彰レベルでしたが・・やはり保険営業では、MDRT しかもCOT、TOTを目指したいです。その分人間として尊敬され、社会貢献をしたり、素晴らしい人間でなければ、達成する意味が無いようにも思っています。

今年は8月末現在でANP約6,000万です。 現在はFPの事務所も運営しながら、保険代理店の役員としての業務をしていますので〜コーチングを受ける前の業務より多いです・・・ですから、業務の多さは悩みではなかったのですね。

野田 学

株式会社野田 代表取締役社長

営業コーチングを受ける前にどんなことで悩んでいましたか?

私は、創業70年の呉服卸問屋の3代目の経営者です。 悩みは主に3つありました。
1つ目は、これまで出来るだけ人付き合いを避けてきた自分。このままではいけないと思いつつも、今更どのように人と出会い、繋がりを持てば良いのか分からない。
2つ目は、父の影響が大きいのですが、伝統という名に縛られ、新たなことへ挑戦する為の一歩を踏み出すための勇気が持てなかったこと。
3つ目は、ネット社会が当たり前となり、メーカーも直販する時代に、このまま過去の栄光にすがり、あぐらをかいているような問屋商売の仕方で良いのか。
これらが原因でかなりマイナス思考だったと思います。

何が決め手となってコーチングを受けることにしましたか?

出会った時、神尾さんから溢れ出る「幸せオーラ」を浴びて、安心感が芽生え、気がついたら身の上話をしていました。
決め手となったのは、神尾さんから「相手を幸せにしたいオーラ」を感じたからです。

コーチング後、どのような変化がありましたか?

着物のこと、会社のこと、そしてこれからやりたいことなどを一生懸命お話ししている内に熱い想いが自然と溢れ出し、言葉としてまとまっていきました。
その結果、伝統という呪縛から解放され、一歩踏み出す勇気をもらうと同時に、本当にやりたいことが明確になりました。
つまり使命を見つけることが出来たのです。

神尾さんからは、「人と繋がることの大切さ」そして「人生に使命を持つことの重要さ」を言葉ではなく、寄り添い体感させるという形で気づかせてもらいました。

現在は、以前では考えられないぐらいプラス思考になり、毎日がとても楽しく充実しています。

実際の事業では、沢山のことを瞬時に決断できるようになりました。
そして、以前から気になっていた本社ビルの空きフロアの有効活用アイディアもどんどん沸いて、ついにテナントを入れることができました。

最近の実績は、以前と比べていかがですか?

神尾さんと出会ってから広がった人脈は、500人を超えました。(2014年8月現在)
ラジオにも2本出演し、講演依頼も数件あります。
また、4階にオープンした和の発信基地「わなびば333」は、90%以上の稼働率です。
2014年の冬には1階にカフェもオープンします。
何しろ、これまでとは全く違う人生を歩んでいます。

その他以下の業種でもご採用いただいております

  • ・生命保険会社
  • ・生命保険代理店
  • ・スポーツウエア製造メーカー
  • ・出版会社
  • ・広告代理店
  • ・クリニック
  • ・建築資材製造会社
  • ・油脂製造会社
  • ・印刷会社
  • ・人材派遣系IT会社
  • ・雑貨通信販売会社
  • ・音楽教室
  • ・接骨院グループ会社
  • ・留学斡旋会社
  • ・物流コンサルティン会社
  • ・健康食品販売会社
  • ・映像制作会社

▲ページトップへ