あなたの感性は間違っていません。
その感性を実際にビジネスで生かしてきた二人の伝説の営業マンを紹介しましょう。

一人は、神尾えいじ氏。
神尾えいじ氏は、「紹介営業の達人」と言われている。

何度もビジネスにチャレンジしては、失敗と成功を繰り返し、紹介だけで人脈作り上げ何度も這い上がってきた伝説の営業マンの一人だ。もともとの経歴は、都市銀行の銀行マン。銀行マン時代は、頭取銘柄と言われていたVIP先を担当したという一見非常に優秀なエリートに見える。

ところが彼は、独立してから苦難の道を歩んできている。
これで勝ち組に入れると確信したビジネスで全く売上が全く上がらず、どん底を味わう。奥さんの収入から交通費とお昼代を毎日もらって営業していたみじめな時代があると言うのだ。そんな壁を乗り越えたからこそ得られた「紹介営業メソッド」がある。今回のテーマは、、、

見込み客開拓のための紹介営業の極意

神尾えいじ氏独自のユニークな手法を紹介してもらう。


もう一人は、小林一光氏。
小林一光氏は、言わずとしれたプルデンシャル生命保険の「伝説の営業マン」だ。

あなたは、経験しなくても生命保険営業の難しさは容易に想像つくだろう。あなたと同じように私も「生命保険なんてどうやって営業するんだ?」と疑問に思っている。

その営業が難しいと言われている生命保険営業で、営業マンとして日本一になり、そしてマネージャーとしてもチームを日本一に導いた唯一の営業マンが小林一光氏だ。では、小林一光氏は、初めからスーパーマンだったのかと言うとそうではない。学生時代は、「どうせ俺なんて」が口癖のダメ人間だった。

そのダメ人間がどうやってスーパーマンに生まれ変わることが出来たのか?
そして、どうやってチームを日本一にまで導くことができたのか?

その根底には、売れない時代に

営業でいちばん大切なこと

があったのだ。
今回は、小林一光氏にその生々しい体験を語ってもらう。


このセミナーは、講演だけではない。
この二人営業マンがパネルディスカッションしながら、皆さんの聞きたいところを更に掘り下げる。まさにカユイ所に手が届くように配慮している。

もしも、あなたが光を見出せなくて悩んでいるなら、お金と時間を投資する価値は必ずあります。
今すぐお申込みください。

DVD概要
第1部
第1部テキスト
第2部
第2部テキスト
第3部
第3部テキスト
web特別価格
セミナー参加者の声
「感動」が紹介へつながるというのは、今までも教えられてきましたが、中々活動に生かすことができませんでした。今日のお話しは具体的な体験を生で聴くことができ、改めて自分のやるべき行動を気付かされました。 ありがとうございました。 (T様 生命保険営業 男性 46才)
紹介営業の3ステップはイメージがわき、実践します。喜んでもらう考え方と高さ、深さを学べました。相手の立場に立って考え、継続していく信念を持って継続します。掃除に、自分磨き、心磨きします。 (N様 事業主 男性 35才)
非常に参考になるお話ばかりでありがとうございました!100%相手の方にお役に立つにリセットしなければ、いつまでも続けていくことが出来ないという体験談は本当に心に響きました。ありがとうございました。おにぎりの話も心に響きました。 (H様 事業主 男性 45才)
お客様へ感動を与えることの大事さ、また、相手によって「当たり前」と「感動」となる境界線を探ることを意識して営業活動に取り組みたいと感じました。 営業マン自身がお客様への付加価値となるべく「お客様のために活動すること」と教えて頂き、自分の行動として何をすべきか考えるきっかけとなりました。営業活動に活かしていきます。本日は、ありがとうございました。 (長田 博之様 会社員 男性 39才)
神尾さんの口コミとっても参考になりました。 お客様に喜んで頂けると自分でも嬉しいのですが、神尾さんが最後の方でちょっとしんどい・・・っておっしゃられてたこと当たり前なんで並々ならぬ努力が感じられて良かったです。一光さんのおっしゃる数が理解できるようになってきました。 (I様 生命保険営業 女性 53才)
本日はありがとうございました。初めての講演会参加でしたが、自分の営業のあり方を再認識させられました。 講演の間の15分休憩の時に、つい気になっていたお客様に電話をしてしまいました。おにぎりの話を聞いて感銘を受けまして・・・。また、次回機会がありましたら是非参加させて下さい。 (小山 麻衣子様 生命保険営業 女性 41才)
もっとも大事なセールスサイクルの基本となっているお話しだと思います。再確認と自信につながりました。 お二人のセミナーは、私のビタミン剤です。ありがとうございました。 (平石 立哉様 コンサルタント 男性 41才)
本日は、貴重な体験ありがとうございます。お二人共、違った角度からの営業のお話でしたので、とても参考になりました。特に小林さんの「売上が上がらないのは、感謝されてない事だ」との言葉は、とても考えさせられる言葉でした。特異な業界ではありますが、全ての基本は、一緒だと思うので、今後の営業活動、自身の人生に活かしていきたいと思います。 (中井 裕太様 スポーツウエア販売 男性 27才)
自分の会社の理念やミッションを自信を持ってお客様に伝えること。お客様に対してアドバイザーになること。 価値観が合うお客様を選ぶ・・・など、具体的な経験、体験した内容であることが大変分かりやすくて良かったです。 (中島 賢一様 コンサルタント 男性 34才)
神尾さんからは、一歩深まった「プル」のお話を、小林さんからは社会状況を鑑みた営業手法のお話を伺え、大変参考になりました。少し時間が短くもう少しつっこんだお話を聞けると良かったと思います。それでも、それぞれ核心の部分は、伝わってきたように思います。自分なりに消耗、昇華して実践に生かして生きたいと思います。ありがとうございました。 (筒木 徹様 ディストリビュータ 男性 44才)
立体的に判ってきたように思います。同じ一生の間だったら、感動して人の役に立って生きたいとしっかり考えるようになりました。活用して行きます。ありがとうございました。 (F様 自営業 男性 74才)
神尾先生のお話は、とてもわかりやすい内容でした。お客様との接し方について、つい忘れがちなことを改めて確認することが出来ました。小林先生のお話しで質問力とても大切だと思います。どうしても結果にとらわれてしまっている自分を反省するきっかけとなりました。 (N様 保険代理店 男性 39才)
営業の方法は、時を追って変わってきているということをお二方とも同じ内容だったので、やっぱりそうなんだなと感じた。 (河野 博文様 会社員 男性 47才)
お二人の講演での共通のキーワード「期待を超える感動を与える」とても具体的で参考になりました。考えた行動を実行して行きます。 (M様 生命保険営業 男性 42才)
私は、実際に営業をしたことはないのですが、これから営業をすることが楽しみになりました。とくに、営業では、聴く力が大切だと言われていることは知っていましたが、いまいちピンとはきていませんでした。しかし、本日のお話を伺って、その大切さがよくわかりました。また、人間力を磨くことの意味を改めて感じました。今後、アルバイトや普段の対人関係において、人のために役に立つことを意識して行動していこうと思います。本日は、非常に素晴らしいお話を伺えて本当に良かったです。本当にありがとうございました。 (S様 大学生 女性 21才)
お二人のお話ともとてもわかりやすく勉強になりました。営業の根っ子の部分は、お二人とも同じだと感じましたが、私自身もそれを見習っていきたいと思います。ありがとうございました。 (Y様 営業 男性 38才)
営業に必要な気持ち、スキルを学ぶことが出来ました。また、小林さんの雰囲気を知ることが出来て良かったです。やわらかい話し、優しそうな姿勢が印象的でした。明日からの営業に生かしたいと思います。貴重な機会を頂き、ありがとうございました。 (S様 スポーツウエアメーカー 男性 28才)
日々の営業の中で大切だなとなんとなく感じていた事が具体化できて良かった。野田社長の和の心、せかせかと毎日を送っていたので、余裕を少し持ちたいと思いました。 (S様 生命保険営業 男性 32才)
迷っていたことから前進することができます。ありがとうございました。 (S様 損保会社社員 男性 45才)
営業の沢山のヒントを頂きました。大変参考になりました。ありがとうございました。 (A様 生命保険営業 男性 48才)
本日の商談から横座りでやってみます。ありがとうございました。 (T様 生命保険営業 男性 36才)
今の時代における営業として、人としての「在り方」の真髄を学べました。 (阿部 祐太様 生命保険営業 男性 27才)
web特別価格
プロフィール

平成元年東海銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行。頭取銘柄のお客様を担当した際に営業の心構えを徹底的に教育される。その後健康食品販売業として独立するも見込み客開拓で苦労し、月収750円のどん底生活。お客様の一言がきっかけで「応援団作り」を思いつき、数千名のお客様をご紹介頂くようになる。応援団の中には、神尾個人に1億円の投資の申し出があるほどの信頼関係を確立できるようになる。
現在、生命保険各社、商工会議所、税理士会などで「紹介営業の達人」をテーマに講師を務める。

著書:「紹介だけで一生売れる技術」「読むだけで驚くほど見込み客が集まる本」
著書


1965年生まれ。早稲田大学出身、在学時はラグビー蹴球部に所属。大学卒業後、株式会社日本交通公社(現株式会社ジェイティービー)を経て、94年にプルデンシャル生命保険株式会社に入社。入社後わずか5年でプルデンシャルの営業マンの最高位であるエグゼクティブライフプランナーに認定される。2002年に営業マンとして売上成績日本一、2005年に営業マネージャーとしてチームを業績日本一に導く。トップ営業マンにしてトップ営業マネージャーという偉業を達成。2009年独立。2010年に株式会社 アイ・タッグを設立。

現在は主に講演・セミナーや執筆、企業の人材育成を中心に幅広く活躍。 その独自のセールスコーチングにより、業種問わず飛躍的に成長し、結果を出す営業マン・マネジャーを続々輩出している。
プライベートでは双子2組(娘2人息子2人)、4人の子供のよき父親。

著書:『億万長者との契約書』(フォレスト出版)、『営業でいちばん大切なこと』(ソフトバンククリエイティブ)、『結果を出す人の時間の考え方・使い方』(明日香出版)、『チームで最高の結果を出すマネジャーの習慣』(すばる舎リンケージ)がある。 著書2

web特別価格
発売元:株式会社インペリアル・サポート/株式会社アイ・タッグ
制作:株式会社コンテンツ・デベロップメント
お問い合わせ
株式会社インペリアル・サポート customer@sales-110.jp
株式会社アイ・タッグ info@itag.co.jp